街の、建物の、あなたの最良のパートナー。

野村不動産パートナーズ|あしたを、つなぐ―野村不動産グループ

企業情報トップメッセージ

建物を守り、活かし、価値を高めていく。

日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

私たち野村不動産パートナーズの起点は1977年、現在本社を置く新宿新都心の超高層ビル「新宿野村ビル」の竣工に合わせ設立された野村ビル総合管理(株)にはじまります。
以降今日まで、野村不動産が開発するビル・マンションの総合管理会社としてノウハウを蓄積してまいりました。
現在では、分譲マンション「プラウド」シリーズをはじめ、中規模高機能型ビル「PMO(プレミアムミッドサイズオフィス)」、都市型商業施設「GEMS(ジェムズ)」、大規模高機能型物流施設「Landport(ランドポート)」など野村不動産による開発物件を一手に担うほか、高校・大学などの教育施設やデータセンター、複合型商業施設、公共施設の指定管理など、あらゆる分野の総合管理を行っております。
また、管理から派生する建築設備工事、施工管理、プロパティマネジメント事業なども含めた幅広い領域で建物の運営管理を手掛けております。

建物を守り、活かし、価値を高めていく。それこそが私たちの役割であり使命であります。
パートナーズという社名には、建物自体の運営や管理にとどまらず、お客様のもっと身近な存在となりたい、人と建物、その両方にとって最良のパートナーであり続けたい、そんな想いが込められています。
そしてお客様の満足を第一に考えること。また次の機会にも当社を選んでいただけるような商品とサービスを提供してゆくこと。これが最大の使命です。日々変化していくお客様のニーズや社会経済環境の変化に応え、ストックビジネスの領域における新しいサービスを提供し続け、常に業界のトップランナーであることを目指しています。

野村不動産パートナーズ株式会社
代表取締役社長 福田 明弘