ホーム > ビルに関すること > ビルマネジメント事業

ビルに関すること

ビルマネジメント事業

ビルの寿命を延ばすとともに、収益と資産価値を最大限に高めていきます

ビルの寿命には、物理的寿命としての「耐久年数」と、テナントの需要に対応できる「能力年数」があります。 ビルマネジメント事業の役割は、この二つの寿命を延ばすとともに、ビルの快適性・機能性・安全性を向上させ、ビルの収益と資産価値を最大限に高めることにあります。 お客様のご要望にお応えするため、戦略的ビル経営のサポートを行ってまいります。

当社ビルマネジメント事業の特徴

総合管理総合力でビル運営をサポート

建物の管理は設備管理・警備・清掃など複数の業務の集合体です。
これらを個別に管理することも可能ですが、当社は管理業務の効率化を図るために、トータルな業務としてとらえた「総合管理体制」をご提案しています。 「総合管理体制」では、上記各分野で十分な経験を積んだベテランの技術者を「統括管理責任者」として配置し、管理クオリティの向上を計るとともに当社の持つすべての技術と経験をもって管理業務を効率化し、コストの最適化や省エネルギーといった必要な提案を行ってまいります。

従来の管理体制
イメージ
弊社がご提案する「総合管理体制」
イメージ
高品質品質管理目標を掲げています

当社はQSHという品質管理目標(Quality=品質が高く、Speedy=スピーディーに、Heart=心からの仕事をする)を掲げ、お客様に最高のサービスをご提供します。

イメージ
提案力幅広いサポート業務をご提案します

質の高い管理のためには、設備管理にとどまらない総合的サポートが欠かせません。
当社では、働く空間としての効率性と快適性を高めるためのプランニング、およびオーナー業務の代行、さらにはビルとしての付加価値を高めるためのサービスの実現に向けて、皆様のニーズに応じてフレキシブルに、幅広くサポート業務を行っています。

● 受付業務の代行
● ベンダー(自動販売機)の運営
● オーナー業務の代行
● テナントの募集

● 貸会議室・貸ホール・研修所などの運営代行
● 駐車場の運営代行
● 植栽の管理